須田だけど豊島

同窓会といっても学生時代のものではなく前商売の組織が群がるものだけど、オープニング係員で同期の結束が強かったから皆がキャリアや卒業した今でも時世に一度、お売り場が科目オープンした日に同窓会を開いている。あの時生徒だった組織はキャリアし皆目大人の女性になっている。Gパンでラフだった周辺は銀行にキャリアしスーツ格好が可愛く似合うようになっていたり、英語が満喫だったキュート系のキッズは熱望をかなえてエアー職場の客室ドライバーになっていた。フリーランス様だった女性は婚姻し妊婦様になっていた。4時世目線の同窓会で年々会っているけれど年々向上があって驚くことが多いのが核心です。同窓会でしか会わない疎遠な組織も中にはいるのだけれど、会えば自然と笑顔で話しが出来るし不満で行きたくないというキッズや、総出社会人なのに本当に調整して日数を作って群れる。遅れてもきっちり訪れるのだ。同窓会は学生時代のも含めれば別途告知が来るけれど、ここまで楽しみにしていたり行ってまた来季やりたいと思う存在もなかなかないものだという。これは人生の大切な財です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です